学習

[2022年版]僕がタッチタイピングできるようになるまで〜現役エンジニアが実体験をもとに紹介〜

タッチタイピングできない…

エンジニアはどんなキーボード使ってるの?」

おすすめのキーボード知りたい!

このような悩みを抱えていませんか?

この記事を読むことで「タッチタイピングできるようになる方法」がわかります。

なぜなら、僕自身全くPCも触ったことなく、タイピングも人差し指でポチポチしてましたが、特に苦労せず半年後にはタッチタイピングができるようになったからです。

この記事では「タッチタイピングができないデメリット」、「タッチタイピングできるようになるまで」、「おすすめのキーボード」をの順に紹介します。

記事を読み終える頃には、「タッチタイピングでるようになりたい!」と思ってもらえます。

タッチタイピングとは?

まずはタッチタイピングとは何かについて説明していきます。

タッチタイピングとは、「キーボードを見ないでキーを打つこと」です。

PCの画面を見ながらキーボードを打つ方ができるようになれれば、タッチタイピングできていると言えます。

(打ち間違いが多すぎる人はできてるとは言えませんが…。)

ブラインドタッチ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは「タッチタイピング」と同じ意味です。

(差別的だと言われたために、今では「タッチタイピング」と言われるのが主流です。)

言葉の定義ができたところで、早速次章から「タッチタイピングできないことのデメリット」などを見ていきましょう。

タッチタイピングできないデメリット

この章では「タッチタイピングできないデメリット」について紹介していきます。

タッチタイピングはPCを使う仕事をしている人には必須とも言えるスキルです。

そのためタッチタイピングができないことによる弊害がいくつかあります。

代表的なデメリットは以下の3つです。

タッチタイピングできないデメリット3つ

  • 仕事が遅くなる。
  • 話においてかれる。
  • 恥ずかしい。

では1つずつ詳しく見ていきましょう。

仕事が遅くなる

これはPCを使っていない人でもわかることです。

例えば1000文字入力する際、キーボードをポチポチとゆっくり押してる人とタッチタイピングでカタカタしてる人を比較すると、どう考えてもタッチタイピングできる人の方が早いです。

しかも相当な差がつきます。

事務処理をしている人やエンジニアだと致命的です。

特にエンジニアはタッチタイピングできないと開発効率ガタ落ちなので、今すぐ身につけるべきです。

話においてかれる

これは「ミーティングなどで議事録やメモを取っている」シーンを想像してもらえるとわかりやすいです。

他の人は話しながらタッチタイピングで話の内容をPCにメモを取れてるのに、自分はタイピングするのに手がいっぱい…。

こんな経験をしたことありませんか?

タッチタイピングができない人は意識がタイピングに向いてしまうため、話しを聞くことに精一杯になってしまいます。

一方タッチタイピングはタイピングをほぼ無意識で行えるため、話に集中できます。

タッチタイピングできる・できないだけで、ミーティングにまで影響してきます。

恥ずかしい

勘違いして欲しく無いのが、この「恥ずかしい」は他の人から見てではなく、自分で「恥ずかしい」と思うことを指します。

周りがみんなタッチタイピングできるのに、自分だけポチポチしてると、「恥ずかしい」と感じる人もいるはずです。

そんな気持ちを抱えたまま仕事をするのは心に優しくありません。

タイピングは重要ですが、言ってしまえばただ速く見ないでキーボードを打てるだけです。

そんなことに恥ずかしさを覚えているのは不要です。

さっさとタッチタイピングできるようになって、「恥ずかしい」という気持ちから解放されましょう。

まとめ

この章では「タッチタイピングできないデメリット」について紹介してきました。

最後に簡単にまとめていきましょう。

タッチタイピングできないデメリット3つ

  • 仕事が遅くなる。
  • 話においてかれる。
  • 恥ずかしい。

タッチタイピングは「できれば良いもの」ではなく、「できないとまずいもの」であると感じてもらえると嬉しいです

タッチタイピングができるようになるまで

前章では、「タッチタイピングができないデメリット」について紹介しました。

タッチタイピングができないとまずい!」と思ってもらえたでしょうか?

この章では「僕自身がどのようにタッチタイピングできるようになったか」を紹介していきます。

タイピングの練習開始

僕自身プログラミングを始めたばかりの頃は、そもそも全くタイピングができませんでした。

これはまずい」と思い少しずつタイピングの練習を始めました。

タイピング練習用のアプリを使用して、毎日コツコツと練習してました。

タッチタイピングの練習開始

だんだんタイピングにも慣れてきた時、

エンジニアはタッチタイピングできないとまずい!

みたいなものを見かけるようになり、タッチタイピングの練習をも開始しました。

まずは指の位置から覚えましたが、これがなかなか難しい。

あのキーはどこにあったかな…?」と考えながらタイピングするため、めちゃくちゃ時間かかりました。

毎日タッチタイピングの練習をしていたのですが、一向に成長しないためどうすれば良いか悩んでいました。

無刻印キーボードを購入

そこで思いついたのが「無刻印キーボード」です。

無刻印キーボード」とは、キーに何も書かれていないまっさらなキーボードのことです。

これであればどこにどのキーがあるか頭の中で覚える必要があるので、強制的にタッチタイピングができるようになると考えました。

実際に使ってみたところ慣れていないためタイピングするのがほんとに難しかったです。

しかし、毎日使っていく中でだんだんと慣れてきて、半年後にはタッチタイピングできるようになりました。

まとめ

この章では「僕自身がどのようにタッチタイピングできるようになったか」を紹介してきました。

タッチタイピングできる最短ルートは「無刻印キーボード」を購入する、ということが結論となります。

ここでのポイントが「特にひたすらタイピングの練習をしていた」訳ではなく、「ただキーボードを使っていただけ」ということです。

普段キーボードを使っているだけでタッチタイピングできるようになるのはほんとに便利です!

次の章では「おすすめの無刻印キーボード」を紹介します。

おすすめの無刻印キーボード

個人的におすすめの無刻印キーボードを紹介していきます。

ここで紹介する「無刻印キーボード」はこの1つです。

HHKBキーボードを見る

このHHKBキーボードは「無刻印」と書いてある通り、キーの部分に何も書かれていません。

良いお値段しますが、このキーボードはほんとにおすすめです。

おすすめポイントは以下の3つです。

HHKBキーボードのおすすめポイント3つ

  • 打ち心地が最高。
  • 周りから興味を持たれる。
  • かっこいい

ではこれはのおすすめポイントを1つずつ説明していきます。

打ち心地が最高

キーボードは打ち心地が命です。

打ち心地が悪いだけでストレスになる程です。

逆に打ち心地が気持ち良いとタイピングが楽しくなるだけでなく、仕事も捗ります。

この「HHKBキーボード」は後者のうちでも最高の打ち心地です。

お世辞抜きで一度使ったら手放せないほどです。

試し打ちができないのが残念ですが、打ち心地の満足度は保証します。

周りから興味を持たれる

もし、あなたの同僚がキーに何も書かれていないキーボードを使っているのを見たらどう考えますか?

なんで何も書かれていないキーボードを使ってるんだろう?

あれは?キーボードなのか?

など気になりますよね?

気になった結果、話しかけられることも増えます。

僕自身仕事先やバイト先でよくキーボードを見て話しかけられました。

(話しかけられるのが苦手な人は家でのみ使うようにしましょう。)

かっこいい

完全に主観ですが、かっこよくないですか?

個人的にですが、キーに文字がついているキーボードをみるとカッコ悪いと思ってしまいます。

ゲーミングキーボードのように光っていても、文字があると評価が下がるほどです。

そんなキーボードの中に、キーに何も書かれていないキーボードがあれば目も心も惹かれてしまいます。

この気持ちはわかる人には伝わるはずです。

まとめ

この章ではおすすめの「無刻印キーボード」であるHHKBキーボードについて、HHKBキーボードの魅力3つとともに紹介してきました。

ぜひ気に入ってくれた方は購入を検討してみてください。

最後に

今回は「僕がタッチタイピングできるようになるまで」というタイトルで、「タッチタイピングできないデメリット」、「タッチタイピングできるようになるまで」、「おすすめのキーボード」について紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

タッチタイピングできるようになりたい!」と思ってもらえたのではないでしょうか?

今回ご紹介した「無刻印キーボード」に限らず、毎日コツコツ練習していけばタッチタイピングできるようになるので、ぜひ挑戦してみてください!

普段はPythonやブロックチェーンメインに情報発信をしています。

Twiiterでは図解でわかりやすく解説する投稿をしているのでぜひフォローしてくれると嬉しいです!

-学習
-